ALLIGATE Lock Pro の運用方法

  • 【LockPro】ユーザーの登録手順(社員が入社した際の手順)

    *こちらはALLIGATE Lock Proをご利用のお客様向けの手順になります*   ■ はじめに 社員が入社した際など、ユーザーの登録を実施する際は下記手順が必要となります。   ■ 手順 1) 社員をユーザとして登録する ALLIGATE Webアプリに組織管理権限のある事業者ID、ユーザID、パスワードでログインしてください。 ※初期のIDは、お申込みご担当者様へメールにて通知されま...

  • 【LockPro】入退室権限(グループ)の設定

    * こちらはALLIGATE Lock Proをご利用のお客様向けの手順になります *   ■ 入退室権限(グループ)について ALLIGATE Lock Pro では、他のALLIGATE製品と同様に「グループ」(alliboardではゲートグループ)を使って入退室権限の設定が可能です。 *グループの考え方については、以下を参照下さい ALLIGATEでの入退室権限の仕組み ALLIGA...

  • 【LockPro】カレンダー設定

    * こちらはALLIGATE Lock Proをご利用のお客様向けの手順になります * ■ カレンダー機能について ALLIGATE Lock Pro では、曜日毎に入退室できる通行時間設定*1や、カードを照合しなくても入退室できる(開けっ放しの状態)連続解錠時間*2の設定ができます。これらの設定と合わせて、単に曜日ではなく、祭日や、休日を自由に設定できる機能があります。 *1  *2  以...

  • 【LockPro】通行可能時間設定

    * こちらはALLIGATE Lock Proをご利用のお客様向けの手順になります * ■ 通行可能時間設定について ALLIGATE Lock Pro では、曜日毎に入退室時間の設定を細かく設定する事ができます。 例えば、一般社員や部門長、パート社員などで入退室できる時間を変更したい場合、それぞれの「通行可能時間」が設定できます。「通行可能時間」は、ALLIGATEでの入退室権限の設定であ...

  • 【LockPro】連続解錠時間の設定

    * こちらはALLIGATE Lock Proをご利用のお客様向けの手順になります * ■ 通行可能時間設定について ALLIGATE Lock Pro では、扉毎に鍵をオートロックせずにオープンにしておく時間(連続で解錠状態にしておける時間)を設定することができます。 例えば、受付があるオフィスのエントランスの扉は、平日の日中はカードがなくても誰でも入退室できるように開けっぱなしの時間を設...

  • 【LockPro】ゲート名を変更する

    ■ はじめに ALLIGATE Lock ProのWebダッシュボード(join)、スマホアプリに表示されるゲート名は、変更することができます。   [ Webアプリ(join)に表示されるゲート名 ]   [ スマホアプリに表示されるゲート名 ]   ■ 手順 1)Web管理ツールからゲート画面を開く Web管理ツール(join)に管理者権限のあるユーザIDとパスワードでログインしてく...

7件の記事をすべて表示

ユーザー(社員)のメンテナンス

  • ユーザーの新規登録(社員入社時など、1名づつ個別登録する手順)

    ■ はじめに ご契約直後の初回登録および、社員が入社した際など、新しく利用するユーザー登録をする際の手順です。   ■ 作業環境 WEB管理ページへログインしてください。 ※ログインについてはこちらの記事をご参照ください。     ■ご契約状況別の手順 ALLIGATE Lock、ALLIGATE Loggerをご利用の場合 →基本手順へ クラウド自動通信機能をオプション契約されている場合...

  • ユーザーの新規登録(エクセル形式で複数名一括登録する手順)

    ■ はじめに このセクションでは、初期登録等で、ユーザー登録と、登録したユーザーへICカードの紐付け、ゲートグループの紐付けをまとめて行う手順を説明します。 Webダッシュボードの「ユーザー一括登録」機能を使うと複数ユーザーへの以下の設定がまとめて行えます ユーザー情報の一括登録 個人コード(ICカード)の登録と、登録した個人コードをユーザーへ紐付ける ゲートグループへユーザーの紐付け ...

  • ユーザーのアカウント停止操作(社員が退社した場合など)

    ■ はじめに 社員が退社した際には下記手順が必要となります。 ALLIGATEユーザを無効化する ゲートへ反映する(※ NFCカードで運用 且つ Cube が未設置の場合)   ■ 事前準備 ・前準備(Cube が未設置の場合) ALLIGATE CylinderLock, PadLock, HandleLock, eSumLock をご利用で、Cubeをオプションで入れていない場合、ス...

  • ICカード(NFCカード)の新規登録

    ■ はじめに ALLIGATEでは、 ユーザー(社員・利用者)はゲートを解錠する為に複数のデバイス(スマホかICカード)を持つことが出来ます このセクションではICカードの登録と、登録したカードをユーザーに紐づける方法を説明します。   ICカードの設定は以下の3つの方法があります。 スマホアプリとALLIGATE Lock/Loggerを使って登録する ALLIGATE 製品での照合ロ...

  • ICカード(NFCカード)を無効にする

    ■ はじめに ALLIGATEでは、 ユーザー(社員・利用者)はゲートを解錠する為に複数のデバイス(スマホかICカード)を持つことが出来ますが、運用中にユーザーがカードを紛失してしまった場合など、このカードを無効にした場合があります。このセクションではユーザーに紐づいているカードを無効にする方法と、(見つかった場合など)有効にする方法を説明します。 ■ 事前準備 ・前準備(Cube が未設...

  • 登録済みのICカード(NFCカード)を別のユーザーへ紐付ける

    ■ はじめに このセクションでは既にユーザーに紐づいているICカードを、別のユーザーに紐づける方法を説明します。 ICカード(NFCカード)の登録手順はこちらをご参照下さい。 例えば、Aユーザーで使っていたカードが不要になり、Bユーザーに渡して利用したい場合などはこちらの手順で、Aユーザーに紐づいているICカード(NFCカード)の番号をBユーザーへ紐付け変更を行います。変更後そのカードをかざ...

9件の記事をすべて表示

スマートロック製品のメンテナンス

  • ゲート名を変更する

    ■ はじめに ALLIGATE製品(Logger / Lock / CylinderLock / HandleLock / eSumLock)のWebダッシュボード(alliboard)、スマホアプリに表示されるゲート名は、変更することができます。 [ Webアプリ(alliboard)に表示されるゲート名 ] [ スマホアプリに表示されるゲート名 ]   ■ 手順 1) Webダッシュボー...

  • 電池式スマートロックの電池交換について

    ■ はじめに ALLIGATE製品には電池タイプと電気錠タイプの製品があります。 電池交換が必要な製品は、HandleLock, CylinderLock, PadLock, eSumLock になります。 こちらではこの製品に関しての、電池交換について説明します。 使用する電池について 電池の寿命について 電池交換のタイミング 電池交換の申請 電池交換方法 ■ 使用する電池について ...

  • Logger / Lock のファームウェアアップデート方法(新Version)

    ■ はじめに こちらの手順はスマホアプリが以下のバージョンでの手順になります Alligate Androidアプリ:Version 1.01.10 以降Alligate iOSアプリ       :Version 1.01.09 以降 ALLIGATEの機器を安全に最新の機能をご利用して頂くためには機器のソフトウェア(以降、ファームウェア)を最新にする必要があります。 ファームウェアのアッ...

  • スマホアプリでゲートへ個人コードを差分反映する手順

    ■ はじめに Cube をご利用していない場合は、クラウドの設定が自動でゲートへ反映されませんので、Alliboardで権限設定した個人コードをゲートへ反映させるためには「ゲート設定権限」のあるスマホアプリで手動で個人コードの反映が必要になります。 ゲートへの個人コードの反映には、差分で反映させる方法と、全件反映する方法の2つの方法があります。Alliboardで権限設定する都度に個人コード...

  • スマホアプリでゲートへ個人コードを全件反映する手順

    ■ はじめに *この作業は時間がかかります(5分〜最大20分程度) 以下のような場合、「ゲート設定権限」のあるスマホアプリで手動で個人コードの全件反映が必要になります。 Cube を設置して運用しているが、何らかの原因で個人コードが反映できてない場合 スマホアプリで定期的に個人コードの反映をしていたが、何らかの原因で個人コードが反映できてない場合 その他、何らかの原因で正常にログがクラウド...

  • スマホアプリでのログの差分アップロード手順

    ■ はじめに Cube が未設置でログをクラウドで管理したい場合、「ゲート設定権限」のあるスマホアプリで定期的に手動でログのアップロードが必要になります。 ログのアップロードには、「差分アップロード」と「全件アップロード」の2つのアップロードがあります。定期的にログをアップロードする場合は、「差分アップロード」で行います。 *全件アップロードは「スマホアプリでのログの全件アップロード手順」を...

13件の記事をすべて表示

その他

  • テンキー入力解錠の運用方法について

      ALLIGATEシステムにおけるテンキー入力解錠のパターンは、大きく分けて2通りあります。   1.テンキー入力番号で解錠する 期間指定テンキー入力解錠について 2.二段階認証でテンキー入力(暗証番号)を使用する       1.テンキー入力番号で解錠する テンキー機能付きの製品(ALLIGATE Lock Pro、ALLIGATE eSumLock)が対象です。   ICカ...

  • クラウド自動通信機能について

      ■クラウド自動通信機能とは クラウド自動通信機能は、ALLIGATE Lock Pro、ALLIGATE Lock、ALLIGATE Loggerについては、標準搭載している機能です。 下記製品ご契約の際には、オプションとして別途ご契約頂けます。 ALLIGATE eSumLock ALLIGATE HandleLock   クラウド自動通信機能をご利用頂くことで、下記操作が実行でき...

  • Lock 遠隔解錠を利用する

    * この機能はALLIGATE Lockのみで利用可能です * ■ はじめに Web管理ツールからALLIGATE Lockを解錠することができる機能です。 Web管理ツールに組織管理権限のあるユーザーでログインすることで、その場にいなくても遠隔地からゲートを解錠できる機能です。 *ALLIGATE LockにてCube for ALLIGATEがオンライン状態の場合にご利用できる機能になり...

  • ALLIGATE Lockでアンチパスバック機能を設定する

    アンチパスバック機能をご利用前に下記注意点をご確認ください。 アンチパスバック機能ご利用時の注意点   ■ アンチパスバック機能について ALLIGATE Lock にて、入室する際に、カードリーダーをかざして入室したログがないと、部屋から退室する際に照合ができなくなる機能です。(退室時の照合記録がない場合も入室ができなくなります)友連れ防止や、勤怠システム等と連携している場合などは、確実に...

  • アンチパスバック機能ご利用時の注意点

      アンチパスバック機能を利用するうえで、下記のように複数の認証媒体を持つ場合には注意が必要です。 ※入室、退室が意図せず制限されてしまう場合がございます。あらかじめご理解の上でご利用ください。   ■要注意 ICカード複数持ちの場合 ICカードとスマホNFCを併用する場合 ICカードとスマホアプリ(Bluetooth解錠)を併用する場合 ICカードとテンキー解錠を併用する場合   アン...

  • リモートタップ(バーチャルゲート)機能について

    ■ リモートタップ(バーチャルゲート)機能について ALLIGATE Lock/Loggerなどのゲートが近くになくても、ALLIGATEのスマホアプリで照合ログを残すことができる機能です。また、通常の入退室のログと違って、時間だけでなくタップした場所をGPS情報として記録することができます。 これにより、リモートワークや外出時にもALLIGATEの入退室ログを発生させることが可能です。 ...

11件の記事をすべて表示