• スマホアプリのダウンロード

      Androidの場合(Google Playstore) iOSの場合(Apple Store)   管理者権限を持ったユーザでログインすることで、ALLIGATE機器の初期設定からメンテナンスまでを行えるようになります。 一般権限を持ったユーザは、カード同等の用途のみでご使用頂けます。  

  • ユーザーIDとは

    ALLIGATEには、ユーザー(社員)を登録する必要があります。 ユーザ(社員)を特定するために必要となるIDが、ユーザIDです。 ユーザIDは、それぞれ固有のものである必要があります。 例:会社メールアドレス、社員番号…など   ユーザーIDは、Web管理ページおよびスマホアプリでのログインに使用したり、使用するICカードと紐づけるために重要な役割があります。 また、一度登録すると、後から...

  • 個人コード(カードのID番号)とは

    社員証など、特定のID領域を読み取りたい方はコチラ   ALLIGATEでカードを使用する場合は、あらかじめICカードのデータを収集しておきます。 ALLIGATEで対応しているICカードは、FeliCa/Mifareが主となります。 ※いまお持ちのカードが何なのかわからない場合は、後述の方法にてお調べ下さい。     収集方法は下記のいづれかで行います。 ICカード購入先の業者から一括で...

  • 機器の呼び名について

      ロケーション・用途・番号など、自由に名前は付けられますが、スマホアプリやWeb管理ページ、履歴画面上で見て分かりやすい名前がお勧めです。 名前は、後々変更することもできます。   例1:ALLIGATE Loggerをご契約の方 「総務部Logger」 「営業一課Logger」… もしくは、 「ロガー①」 「ロガー②」… など   例2:ALLIGATE Lockをご契約の方は、...

  • 機器をまとめるグループについて

    まずは、その機器を区分するための「グループ名称」を決めます。 設置のロケーションでまとめる、部門でまとめる、など管理方法によって使い分けられますが、基本的には下記のようなグループ分けをします。   例:拠点ごとに分けたいとき グループ名「東京本社のみ」    機器:東京_執務室入側、東京_執務室出側 グループ名「大阪支店のみ」    機器:大阪_執務室入側、大阪_執務室出側、大阪_会...